c6
参加者のラビママさま方のスキルが上がってきて、毎回ワークショップのレシピには悩むラビフィー。
作るを楽しんで頂きたいので、今回は3時間完成を予定して 癒しのちび景「生け花」を作るコトに
したよ。
c
1日目には小さなラビママさまと初心者さまのご参加を頂き、もう一つレシピを用意。

ももちゃんが、作るコトになった ぶっつけ本番の薔薇とハートのケーキ♪

10cm程のスポンジをベースに、粘土でコーティング&トッピングしていくのだけど
本物のケーキにクリームを塗っているような感覚と粘土に絵の具を入れオリジナル
カラーの粘土を作るのに夢中になってチャレンジしていたのが印象的だったな。
ws6
大き目お花は、楊枝を使って薔薇作り。
オトナでは想像できない色合いで、カラフルケーキを作り上げてくれたよ。

 ws2


3時間弱の所要時間で作り上げたケーキは、ホンモノのケーキみたいにオイシソウ
だったんだ♪
momo2
この後ご用があるというももちゃんと ももちゃんママ、「楽しかった!」という何より
ウレシイ言葉をおいてお帰りになったのである。
c3
生け花を人さまに教えられる資格を持っているラビフィーは、過去 助手という立場では
あるけど何十人もの生徒さんに教えていたこともある。
最近は作るコトに集中してるけど、そんな楽しいも伝えられたらイイナア。。。なんて
カンタンに考えての今回のレシピ。

そして今回オトナの方々3名さま+2日目4名さまの7名さまが、ちび景にチャレンジ!
ところがラビフィーの目算誤って、トンデモナイ事態に~~~!!
ws1
生け花ということで、まず花材を作るトコロからのスタートとなったが、
必要なパーツ
●水盤 成型後ニス塗
●ネコヤナギ 枝につぼみ付3本
●薔薇 蕾&花計5本葉付+葉のみの枝2本
●ハート 3本
活けたらレジン仕上げで完成!

因みにネコヤナギは、1月30日の花なんだそう。
しっぽ大好きラビフィーに、ぴったりじゃん♪
ws4
と、喜んでいる場合じゃなくて・・・最終的に活けるお花なので、微妙に大きさを
変えてねという指定付。
お持ち帰り頂くことが前提なので、乾燥を考えながら順番通りに作っていくけど
ws8
作るモノ 作るモノ、兎に角細かくて、誰もが悲鳴をあげる程(汗)
ws9
パーツとしてお花を作る作業と生け花は、別のエネルギーがいるというご感想も頂き 
ナルホド!と思ったのは後の祭り・・・
1日目は8時間、2日目は6時間のワークショップに、なっちゃった!(汗)
ws10
今回の反省点は、もっとレシピを練るコトだね。
作りたいキモチを優先してのワークショップだからこそ、最初から作って置いたパーツで
代用しながら限られた時間で完成するコトがダイジなんだって思った。
ws7
でも皆さまの集中力のスゴさと、時間を気にせず楽しんでくださったのには感謝である。
そして誰もが、「楽しかった」「また参加したい」と仰ってくださったことが何よりも
ウレシカッタ!
c8
今度こそ、時短出来るワークショップを目指すね!
「作るを楽しむ」ラビフィーのワークショップ、是非たくさんの方にこの幸せを
知って頂けたらと思うのである♪